ロゴ | PARAFT [パラフト]
clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

ライターの記事

必要なスキル・案件の探し方について詳しく解説:r000021003630 | PARAFT [パラフト]

2021.04.19

ライターの記事2021.04.19

フリーランスライターになるには

必要なスキル・案件の探し方について詳しく解説

keyword: ライター フリーランス なるには WEB SEO

このエントリーをはてなブックマークに追加
Webライティングは未経験からでも始めやすい職種の一つで、フリーランスとして働きたい方や副業を始めたい方など、多くの人がライティングの仕事を始めています。 しかし、フリーランスライターとして仕事をするためにはどのようなスキルが必要なのか、案件をどのようにして探すべきなのか疑問に感じている方もいるのではないでしょうか。 そこで、本記事ではフリーランスライターを目指したいという方へ向けて以下の内容について解説していきます。

2021.04.19 文章 / PARAFT編集部

フリーランス ライターとは?

フリーランスにおけるライターといえば、主にWeb上での記事の作成を行うことが多く、さまざまなメディアの記事の執筆を行っています。

また、Webライティングの仕事は、未経験からでも始めやすい職種の一つで、副業でライティングの仕事をこなっている人も多いです。

では、具体的にフリーランスライターにはどのような仕事があるのか、収入やキャリアパスがどうなっているのかについて詳しく説明していきましょう。

【本項の内容】


▼フリーランスライターの仕事の種類


フリーランスライターの仕事は、メディアに掲載する記事の執筆を行っていきます。

執筆する内容は、メディアのジャンルによって変わってきますが、ライティング業務は基本的に下記のような内容で構成されています。

・KW選定:メディアに掲載する記事において検索されるKWを決める
・構成作成:KWに基づいた記事の構成を作成する
・記事執筆:作成した構成を参考にライティングを行っていく
・推敲業務:執筆した記事の内容を精査して推敲を行う
・記事納品:依頼された形で執筆記事の納品を行う

また、案件の中にはその他にもさまざまな業務が発生することもあるでしょう。

・画像選定:執筆記事の内容に併せて画像の選定を行う
・Word Press納品:クライアントの希望によって納品をWordPress上で行う
・リライト:一度執筆した記事の様子を見た上で、より適当な記事にするために修正・加筆を行う
・取材:特定の人物やお店などの取材を行い、その内容を元に執筆を行う
・セールスライティング:商品のランディングページの執筆を行う
・コピーライティング:広告宣伝を行う際の、商品などのキャッチコピーを考える

ライティングの案件にもさまざまな内容があり、クライアントの希望によって執筆ジャンルや業務範囲は変わってきます。

そのため、ライターとして仕事を探す場合には、以下の内容を判断材料としていくことになるでしょう。

◇執筆する記事のジャンル:金融/美容/ビジネス/転職など、メディアによってさまざま
◇記事の文字数:コラム記事であれば、1000文字以下だが、多くは3000文字〜6000文字程度
◇文字単価/記事単価:文字単価は1文字1円 / 記事単価は1記事5000円などで提示される
◇業務範囲:KW選定/構成の作成/記事の執筆/画像選定 etc..

クラウドソーシングなどの場合、上記の条件の中から自身の希望に沿った案件を探して提案営業を行っていきます。

▼フリーランスライターの年収・収入


フリーランスとしてライターの仕事をしている場合、対応している案件数や文字数・単価によって大きく差があるため、人によって収入は大きく変動します。

・文字単価は0.5円程度で月40記事3000文字を執筆して月6万円
・文字単価は1円程度で月20記事3000文字を執筆して月6万円
・文字単価が2円程度で月5記事6000文字を執筆して月6万円

上記のように、文字単価0.5円のような低単価の案件を選んでしまい多くの記事を書いても収入が低くなってしまう場合や文字単価が高く文字数も多いため月に5本で6万円稼ぐことができるという場合もあります。

そのため、ライティングの仕事では、ライターの実績や経験年数に限らず、受けている案件の報酬の高さや業務量によってライターの収入は大きく変動するというのも特徴でしょう。

参考として年収別のライターの特徴について説明していきます。

◇年収100万円以下 月収5万円〜10万円程度
未経験からライティングの仕事を始めている場合や、単価の低い仕事ばかりを受けており、月収で5万円〜10万円程度しか稼げないという方が多いでしょう。
少しでも単価を上げるために現在受けている案件の文字単価が適正なのか、単価交渉はできないのかを見直して少しずつ案件の質をあげていくことで収入アップを目指せます。

◇年収200万円以下 月収10万円〜20万円程度
未経験からでも得意ジャンルがあって文字単価1円以上の案件を獲得できていたり、経験を積んで安定して案件を受注できるようになっている人は月10万円〜20万円稼げている人も多いです。
より収入を上げていくためには、文字単価が高い仕事を受けられるようにメディアに直接営業をかけたり、リライトや取材記事など新しい業務にもチャレンジしてみるのもよいでしょう。

◇年収400万円以下 月収20万円〜35万円程度
月収20万円以上を安定的に稼げるようになってくると、文字単価1.5円〜2円以上の案件を中心に案件対応を行うことが多くなるでしょう。
そして、より収入を上げたいという場合には、単価を上げるために専門的な知識の勉強を行ったり、検索上位などの目に見える実績をのこしたりすることが必要になってきます。

◇年収600万円以下 月収35万円〜50万円程度
月35万円程度を安定して稼げるようになり、年収400万円を超えてくると、Webライターとしては、稼いでいる部類に入るでしょう。
この頃には、ライティング以外にもディレクションの仕事をしていたり、直接メディアと契約して高単価の案件を獲得している人も多いです。

ライティングの仕事は、『案件単価×文字数×仕事量』が収入に影響してくるため、経験を積んでより高い案件を安定して獲得できるようにすることが大切です。

また、ライティング業務以外にも案件を安定して獲得して、外注をしてディレクション業務に専念している人もいるため、自身にあった稼ぎ方を見つけて取り組んでいくようにしましょう。

▼フリーランスライターのキャリアパス


フリーランスライターとして仕事をしていく場合には、具体的にどのようなキャリアパスがあるのでしょうか?

本項では、フリーランスライターのキャリアパスについて解説していきましょう。

◇Webライターとしての幅を広げる
Webライターとしての経験を積んでいくと、対応ジャンルや業務範囲を広げていきながら、収入をあげている人も多いです。

場合によっては、記事執筆以外にも取材やコピーライティング・セールスライティングの仕事も行い、業務の幅を広げることでライターとしてのスキルを高めていくことも可能でしょう。

◇編集ディレクターとしてキャリアアップ
Webライターからキャリアアップの選択をする場合、編集ディレクターの仕事を行うという選択肢もあります。

編集ディレクターは、記事の外注してライターの管理を行うなどメディア運営に関わってくることも多いため、興味がある場合はチャレンジしてみると良いでしょう。

◇自身でメディアを立ち上げる
スキルアップや収入を増やすために自分自身でメディアを立ち上げて、収益を上げるという選択もあります。

メディアを立ち上げる場合には、リスクもありますが、ディレクション業務やマーケティングに関係する知識を身につけることができるため、さまざまな経験を積みたいという方にはオススメです。

ライターとして業務経験を積んでいくうちに、ディレクションやマーケティングのスキルが身につくこともあるため、ディレクターやマーケターの仕事をしている人もいます。

また、Webライターをしながら、Webデザイナーやサイト制作スキルの勉強をしてWebデザイナーやコーダーとして仕事をしている人もいるため、自身の理想のキャリアパスを描いてみるのも良いでしょう。

フリーランスライターになるために必要なスキル

未経験からでも案件を獲得することはできるライティングの仕事ですが、Webライターとして仕事を続けていくためには、さまざまなスキルや知識が必要になってきます。

そこで、本項ではフリーランスライターになるために必要なスキルなどについて詳しく紹介していきましょう。

【フリーランスライターに必要なスキル】


▼文章力


文章力は、『読者にとってわかりやすい文章』するために必要で、Webライターとして仕事をする人にとっては必須のスキルと言えるでしょう。

文章における語彙の使い方や構成、言い回しなど何通りもの選択肢がある中で、読者目線でわかりやすい文章を書き、相手に目的の情報を伝えるためには必要不可欠です。

そして、文章力はライティングに関する本を読んだり、さまざまな記事と見比べるなどしていくことで養うことができるため、勉強しながら実践で取り入れていくなどしてスキルを磨いていくと良いでしょう。

▼分析力(リサーチ力)


ライティングの仕事において、構成を作成するためにも、KWに対して読者のニーズには何があるのか、ユーザーにとって有益とされる情報はどのようなものがあるのかを分析することは大切です。

また、執筆においても、根拠となるデータや信憑性のある情報をリサーチしながら記事を作成することも多く、適切な情報を読者に届けるためにもリサーチは必要な要素になります。

そのため、ライティングにおいて、分析力やリサーチ力は読者に適切かつ正しい情報を伝えるために重要なスキルといえるでしょう。

▼SEOに関する知識


SEOとは、Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)のことを指し、Googleなどの検索エンジンの検索結果を上位表示させPV数を増やすために必要になる知識です。

ライティングにおいても、SEOを意識したライティングを行えるかどうかは、Webライティングを行う上で重要な要素として考えられています。

そして、SEOに関する知識を理解し、執筆記事を上位に表示させることができれば、実績として単価交渉などにも役立つため、Webライターとして仕事をする場合には、SEOに関する知識は優先的に身につけていきましょう。

▼営業力


フリーランスライターとして活動する場合、自身で営業をかけて案件を獲得していく必要があるため、営業力は重要なスキルといえるでしょう。

ライターに限らず、フリーランスにとって案件を安定して獲得していくことは、収入の安定につながります。

そして、営業力はどのような業務においても必要なスキルのため、営業方法について調べ、試行錯誤しながら自分に合った営業方法を確立していくようにしましょう。

▼自己管理能力


フリーランスとして活動をしていく場合、
仕事時間や場所がある程度自身で決めることができるため、自己管理しながら仕事に取り組んでいく必要があります。


特に、Webライターの場合、案件によって期限や作業量に差が生じる場合があるため、案件を抱えすぎると、際限なく働くこともできてしまいます。

そして、正社員と違い、体調を崩してしまうとその分収入が減ってしまうというリスクもあるため、体調や時間など自己管理を徹底していくことが大切です。

フリーランスライターとして働くために

ここまで、フリーランスライターの仕事内容や必要なスキルについて紹介してきました。

しかし、実際にフリーランスライターとして働くためにはどのようにして案件を探していくと良いのか疑問に感じる方もいるでしょう。

そこで、本項ではフリーランスライターとして働くために必要な案件の探し方をはじめとして以下の内容について紹介してきます。

【本項の内容】


▼フリーランスライターの案件の探し方


フリーランスライターとして案件を探す場合には、以下の方法があります。

◇クラウドソーシングサイトを利用
未経験から実務経験を積みたいと考えている方などにオススメ。
ランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングサイトに掲載されている案件に応募して案件を獲得する方法。
利用手数料がかかってしまうが、常時案件があるため案件が獲得しやすい。

◇SNSを利用して案件を獲得
クラウドソーシング以外で案件を獲得したい場合やSNSをよく利用する方にオススメ。
TwitterやFacebookで「ライター募集」などの文言で検索をかけることで、すぐに案件を探すことができる。
個人との契約になるため、トラブルも起こる可能性はあるが個人で営業をかける場合には案件を獲得しやすい。

◇メディアや企業に営業をかける
特定のジャンルに強みがあり、今後も経験を積んでいきたい場合に有効。
メディアの特色によって執筆する記事がイメージしやすく、クラウドソーシングに比べて高い単価で契約することも可能。
メディアが企業が運営しているメディアの方が信頼性が高く、予算も確保できるので単価交渉はしやすい。

◇知人経由で案件を獲得する
知人にメディア運営や編集ディレクションなどをしている人物へ営業する方法。
知人経由なので、SNSよりも信頼性が高くトラブルも起きにくいが、業務範囲が曖昧になる可能性もあるため契約内容をしっかり把握しておくことが大切。

未経験の場合には、「クラウドソーシングの利用」がオススメですが、実務経験を積んで行った場合には、SNSやメディアや企業への問い合わせで案件を獲得していくのが良いでしょう。

▼報酬を上げていくためのコツ


フリーランスライターとして報酬をあげていくためには以下の方法があります。

◇単価の高い案件を獲得する
Webライティングの案件を探す際には、できる限り文字単価や記事単価の高い案件の数を増やしていくことが大切です。
そのため、案件を探す際には最低でも文字単価1円以上の案件に応募して、単価が高い案件があった場合には積極的に応募していくようにしましょう。

◇既存のクライアントと単価交渉をする
単価アップのためには、既存クライアントと単価交渉をする方法もあります。
単価交渉は、実績とタイミングを意識する必要はありますが、品質の高い記事を納品していけば、思っているよりもスムーズに交渉することもできます。
ただ、交渉の際にはしっかりと単価アップを希望する理由を説明して、相手が納得できる根拠を示すようにしましょう。

◇業務範囲を広げて報酬を上げる
業務範囲を広げることで、報酬を上げることにつながる可能性もあります。
既存クライアントであれば、リライト業務やディレクション業務ができるようになれば単価交渉も可能です。
また、営業を行う際にも幅広い業務を行うことができることで、継続してさまざまな案件を任せてもらえる可能性もあるため報酬のアップにつながるでしょう。

▼フリーランスライターとして働く際の注意点


フリーランスライターとして働く際には、いくつかの注意点があります。

○期限は必ず守る。遅れる場合には必ず事前に連絡を
○業務範囲や報酬などの条件は明確にする
○不明点や疑問があればそのままにせずしっかりと確認をすること

上記の注意点は、ライターとして仕事をする上でトラブルを防止するために大切なポイントになります。

クライアントやディレクターをしている人に話を聞くと、納品期限を守らないという人は多く、場合によっては急に連絡が取れなくなるケースもあるようです。

そのため、「期限を守る」「遅れる場合にはちゃんと連絡をする」という当たり前のことでも、クライアントに安心してもらうために誠実に対応するという心掛けが必要でしょう。

また、仕事をしている中で急に業務範囲が増えたりすることもありますが、その都度で条件を明確にできていないことでトラブルに発展することもあります。

なので、仕事において不明点や疑問が合った場合には、曖昧なままにせずに判断できるようにしっかりとクライアントに確認をとることを心がけるようにしましょう。

▼まとめ


以上、フリーランスライターの仕事内容やキャリアパス、必要なスキルから案件の探し方などについて詳しく説明してきました。

フリーランスとしてライティングの仕事をすることは簡単ですが、ライティングを生業とするために意識するポイントなどもたくさんあるため、関連する情報は積極的に収集していくようにしましょう。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

IT系の職種としてフリーランスになる人は、PROsheetなどの専門のエージェントを活用することで、フリーランスとしてのスタートアップをサポートしてもらうことができます。案件の獲得方法やご稼働後のサポートを受けることができます。特にIT系の職種の案件が多くなっており、活用することで得られるメリットはたくさんあるので、まずは下記URLから登録面談にてお気軽にご相談ください。 PROsheetの会員登録ページへ飛びます

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
必要なスキル・案件の探し方について詳しく解説:r000021003630 | PARAFT [パラフト]

CAREER CHANGE

フリーランスライターになるには

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]