ロゴ | PARAFT [パラフト]
clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

ランサーズとはの記事

ランサーズ上での案件の種類や仕事の探し方について詳しく紹介:r000021003637 | PARAFT [パラフト]

2021.05.06

ランサーズとはの記事2021.05.06

ランサーズで案件を探すには

ランサーズ上での案件の種類や仕事の探し方について詳しく紹介

keyword: ランサーズとは クラウドワークス 違い フリーランス クラウドソーシング

このエントリーをはてなブックマークに追加
フリーランスとして働きたいと考えている人や副業で案件を探している人が利用するサービスの中でもクラウドソーシングサービスは大きな役割を担っています。 その中でも、クラウドソーシングサービス「ランサーズ」は、日本最大級のクラウドソーシングサービスとして、多くのランサーから利用されているサービスです。 本記事では、クラウドソーシングサービス「ランサーズ」において仕事の探し方などについて詳しく解説します。

2021.05.06 文章 / PARAFT編集部

クラウドソーシングサービス『ランサーズ』とは?

クラウドソーシングサービスとは、オンラインで「仕事を依頼したい人」と「仕事を受けたい人」に向けて仲介をするためのプラットフォームサービスです。

また、クラウドソーシングサービスにも、特定の職種に特化したサービスやスキルを商品として販売するサービスなど、さまざまなサービスが存在しています。

その中で、「ランサーズ」とはどのようなサービスなのか、具体的にどのような案件があるのかについて詳しく紹介していきましょう。

【本項の内容】


▼ランサーズの基本情報


クラウドソーシングサービスの「ランサーズ」は、ランサーズ株式会社が運営する日本最大級のフリーランスタレントプラットフォームです。

職種のカテゴリは大きく10種類に分けられており、エンジニア・デザイナー・ライター・クリエイターをはじめとした、さまざまな職種の人材に合わせた案件の提供をしています。

案件保持数は170万件以上と、日本最大級の案件数で、コンペ・タスク・プロジェクト形式・求人など幅広い形式の案件を取り扱っているのも特徴です。


◇基本情報
-サービス名:ランサーズ(https://www.lancers.jp/
-運営会社:ランサーズ株式会社(https://www.lancers.co.jp/
-取り扱い案件数:約1,773,000件(2021年4月現在)
-依頼形式:コンペ・タスク・プロジェクト形式・求人
-システム手数料:5%〜20%
-仕事カテゴリ:システム開発/運用・Web制作/Webデザイン・デザイン制作・ライティング/ネーミング・タスク/作業・写真/動画/ナレーション・翻訳/通訳サービス・事務/コンサル/専門職/その他・営業/マーケティング/企業/広報


ランサーズでは、初心者からベテランまで幅広い層のランサー(ランサーズで仕事を探している人材)が登録しており、未経験でも実績を積むことのできる案件も取り扱っています。

また、「ランサーズ」を運営している「ランサーズ株式会社」では、クラウドソーシングに関連するサービス以外にも以下のようなサービスも提供しています。


◇関連サービス:
-Lancers Pro:厳選フリーランスをオンライン上で紹介するサービス
-Lancers Agent:ITフリーランス向けに案件をマッチングするエージェントサービス
-Lancers Outsourcing:メディアやコンテンツ制作などの一連の業務を専任ディレクターへ委託できるサービス
-Lancers Assistant:秘書・営業・広報・制作などの幅広い業務をオンライン上の専任アシスタントへ委託
-Lancers Enterprise:法人向け社外人材一元管理システム。社外人材の選定からセキュリティー・発注管理までサポート


▼ランサーズの案件の種類


ランサーズでは、10種類のカテゴリに分類されていますが、具体的には以下のような形で細分化されています。


◇システム開発/運用Web/システム開発・スマホアプリ/モバイル開発・アプリケーション開発・運用/管理/保守・業務システム/ツール開発・講師/ITコンサルタント

◇Web制作/Webデザイン
ウェブサイト制作/デザイン・スマートフォン/モバイルサイト制作・バナー/アイコン/ボタン・ECサイト/ネットショップ構築/運用・運営/更新/保守/SNS運用

◇デザイン制作
ロゴ/イラスト/キャラクター・印刷物/DTP/その他・POP/シール/メニュー・看板/地図/インフォグラフィック・CD/本・プロダクト/3D

◇ライティング/ネーミング
ライティング・ネーミング/コピー・編集/校正

◇タスク/作業
データ作成/テキスト入力・レビュー/投稿/アンケート・調査/分析/その他・内職/軽作業/代行

◇写真/動画/ナレーション
動画/写真/画像・漫画/アニメーション/ドラマ・音楽/音源/ナレーション

◇翻訳/通訳サービス
英語翻訳/英文翻訳・中国語翻訳・韓国語翻訳・フランス語翻訳・スペイン語翻訳・ドイツ語翻訳・タイ語翻訳・ベトナム語翻訳・ロシア語翻訳・イタリア語翻訳・ポルトガル語翻訳・その他翻訳・同時通訳/電話通訳・映像翻訳/出版翻訳/メディア翻訳

◇コンサル/専門職/事務/その他
セールス/ビジネスサポート・資料作成サポート・コンサルティング・その他・撮影モデル・イメージモデル・筆文字・筆耕

◇営業/マーケティング/企業/広報
営業/マーケティング/企画トップ・Webマーケティング/HR集客・企画/PR・リサーチ/分析/解析・営業・カスタマーサポート



クラウドソーシングサービスには、幅広い案件を取り扱っている『総合型』や特定の職種に特化して案件を取り扱っている『特化型』のように分かれていますが、ランサーズは『総合型』に分類されるサービスです。

そのため、取り扱っている案件の幅が広く、幅広いニーズに応えることができるサービスといえるでしょう。

▼ランサーズはどのような人にオススメなのか?



ランサーズは、フリーランスや副業人材など幅広い層に利用されていますが、実際にはランサーズはどのような方にオススメのサービスなのでしょうか?

 ・未経験からフリーランスとして活動したい人
 ・副業や兼業で案件を探している人
 ・案件を効率的に探したいと考えている人

ランサーズで取り扱っている案件は、未経験からでもチャレンジすることができる案件も豊富に取り扱っています。

また、案件数も170万件以上あるため、エンジニアやデザイナー、Webライターをはじめとしたさまざまな職種で案件を探している人が活用していることも多いでしょう。

そして、ランサーズでは実績を積み重ねることで、クライアントからスカウトメッセージが送られてきたり、実績を証明する「認定ランサー制度」が存在します。

そのため、ランサーズ上で実績を積み重ねてスカウトメッセージなどで効率的に案件を探し、フリーランスとして稼いでいる人材も多いため、効率的に案件を探したいという方にもオススメのサービスでしょう。

ランサーズを利用するメリット・デメリット

クラウドソーシングサービスを利用することでのメリットはたくさんありますが、デメリットも存在します。

その中で、ランサーズを利用するメリット・デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

本項では、ランサーズを利用する際のメリット・デメリットについて詳しく紹介していきます。

【本項の内容】


メリット・デメリットを把握しておくことで、より有効に活用していくことができるので参考にしてみてください。

▼ランサーズを利用するメリット



ランサーズを利用するメリットとして以下のようなものが挙げられます。

 ◇未経験でもできる案件が多い
 ◇実績を積めば効率的に営業ができる
 ◇認定ランサー制度が活用できる

◇未経験でもできる案件が多い


ランサーズで取り扱っている案件の中でも、Webライティングやタスク案件などは未経験でも案件を獲得できるものもあるため、実績を作りたいという方には大きなメリットとなります。

単価を上げるためには、ある程度の実績が必要となりますが、未経験から仕事を始める場合には何かしらの実績を積み重ねていくことが大切です。

そのため、未経験でも案件を獲得して実績を積み重ねていくことができれば、将来的に高単価の案件を獲得することもできるようになるでしょう。

◇実績を積めば効率的に営業ができる


ランサーズなどのクラウドソーシングサービスでは、実績を積むことでクライアントからスカウトメッセージが送られてくることもあるでしょう。

スカウトメッセージの案件の中には、非公開の案件が含まれていることもあり、クライアントから連絡が来るので自分で営業をかける手間を省くことができます。

中には、クライアントからのスカウト案件で安定した収入を稼ぐことができているランサーもいるため、ランサーズで案件を受けた場合には、実績や評価を意識して仕事をしましょう。

◇認定ランサー制度が活用できる


ランサーズでは、一定の条件を満たしたランサーに「認定ランサー」の認定を行っています。

認定ランサーになることで、以下のような特典を受けることが可能です。

 ・認定エンブレム付与
 ・認定ランサー検索に掲載
 ・メルマガなどへの掲載
 ・オススメ案件の紹介
 ・優先的なサポート対応

ランサーズでは、認定ランサーのみに公開される案件も存在しており、認定ランサーになることでクライアントからの印象が良くなるため先行の通過率にも影響を及ぼします。

なので、ランサーズで仕事をする場合には「認定ランサーになること」を一つの目標として実績を積み重ねていくと良いでしょう。

◇認定ランサー制度:https://www.lancers.jp/expert


【認定ランサーの認定基準】
1. 獲得報酬額: 各カテゴリの上位20%
2. クライアントからの評価: 4.8以上
3. プロジェクト完了率: 90%以上
4. タスク承認率: 90%以上
5. 24時間以内のメッセージ返信率: 80%以上
6. ランサーズへのログイン: 最終ログインが1ヶ月以内
7. 各種認証やプロフィールの登録: 後述の項目が認証済み・登録済み

※過去1年間の実績をもとに毎月審査を実施しております。


▼ランサーズを利用するデメリット


ランサーズを上手く活用することで、さまざまなメリットがありますが、その反面デメリットも存在します。

ランサーズを利用する際のデメリットは以下の通りです。

 ◇専門知識がなければ単価を上げることが難しい
 ◇相場よりも単価が低い案件も存在する
 ◇仕事内容が想定と異なる場合もある

◇専門知識がなければ単価を上げることが難しい


ランサーズでは、未経験からでも案件を獲得することができる反面、専門知識がなければ高単価の案件を獲得することが難しいです。

例えば、Webライティングの案件の場合、文字単価1円前後であれば未経験からでも受注することはできますが、文字単価2円以上の案件になると専門的知識がなければ案件の獲得は難しいでしょう。

そのため、高単価の案件を獲得して収入を増やしたいという方は、得意分野を持って実績を積み重ねた上で専門性を高めていくことと、単価アップにつながります。

◇相場よりも単価が低い案件も存在する


クラウドソーシングサービスでは、数多くの案件があるため高単価の案件もあれば相場よりも低い案件も存在します。

ランサーズでは、相場よりも低い案件が少なくなるように企業努力をしていますが、クライアントの予算の関係もあるためなくすことはできません。

そのため、案件を探す際には相場を把握して、自分の中での基準を決めた上で案件を探すようにしましょう。

◇ランサーズ 仕事の種類・参考価格:https://www.lancers.jp/help/beginner/lancer/examples

◇仕事内容が想定と異なる場合もある


案件を受けた場合、はじめに提示された業務内容や業務範囲を異なる業務を依頼されることもあります。

応募内容に関連した内容であれば問題ないですが、中には実際に案件を受けたら想定と異なる仕事だったということもあるようです。

そのため、案件を選ぶ際には案件の業務内容や範囲を必ず確認して、相違がないようにしましょう。

もしもトラブルが起きた時や不明点があった場合には、ランサーズの「よくある質問」を参考にしてみてください。

◇ランサーズ よくある質問:https://www.lancers.jp/faq

ランサーズでの案件の探し方

ランサーズで案件を探す際にもポイントや注意点があります。

そこで、本項ではランサーズの提案から受注までの流れや営業活動のポイント・案件を探す際の注意点について解説してきましょう。

【本項の内容】


▼提案から受注までの流れ



ランサーズで、案件を獲得するためには、以下の流れで提案を行います。

 1.気になる案件を探して内容を確認
 2.条件に合わせて提案文を作成して応募
 3.選考面談やテストがあれば対応
 4.条件や業務内容をすり合わせして契約

基本的には上記のような流れで、対応していきます。

案件の中でも場合によっては提案以外にも選考のためのオンライン面談を行い、Webライターなどでは、やテストライティングを行うことも多いです。

また、クライアントからスカウトメッセージがあった場合には、以下のような流れで対応していきます。

 1.スカウトメッセージを確認
 2.案件における気になる内容について確認
 3.条件や内容に問題がなければ応募ページから応募する
 4.案件に合わせてオンライン面談やテストを行い問題がなければ契約

スカウトメッセージがあった場合には、テストライティングがあるケースは少なくなりますが、クライアントやりとりを行い条件確認をした上で契約を行っていきます。

▼営業活動のポイント


ランサーズで営業活動を行う際に、希望の案件を獲得するためにはどのようなことを意識すると良いのでしょうか?

ここでは、「プロフィール画像」「提案文の内容」におけるポイントについて紹介します。

◇プロフィール画像


-プロフィール画像は顔写真にする
プロフィール画像はランサーの第一印象に影響するポイントのため、マイページで設定する画像は顔写真を載せるようにしましょう。

画像を選ぶ際には「自分が相手に与えたい印象」を基準にして画像を選ぶようにして、なければプロに相談して画像を良いするのをオススメします。

-情報は要点をまとめて見やすさを意識する
マイページでは、キャッチフレーズ(50文字以内)と自己紹介(1000文字以内)の設定が可能です。

特に自己紹介を入力する際には、文字数制限があるため、必要な情報の要点を絞って「スキル・知見」「職務経歴・実務経験」などの情報を公開するようにしましょう。

-自分が受けたい職種や案件に関連するキーワードを入れる
クライアントがランサーを検索する場合、特定のキーワードで検索をかけることが多いです。

そのため、「職種」「業種」「得意分野」などをはじめとした内容はできる限りキーワードとして自己紹介の中に入れておくようにしましょう。


◇提案文の内容


-指定のフォーマットがあればその通りに入力する
 クライアントの中には、情報を精査しやすいように特定のフォーマットに沿って情報の入力を希望するクライアントもいます。

 そのため、もしも自身のフォーマットがあったとしても、クライアントの指定のフォーマットに沿って情報を入力するようにしましょう。

-クライアントの目的やニーズを汲み取る
 クライアントが提案文を見る場合、ただ自分のやりたいことだけを提示されるよりも、目的やニーズを把握してくれている人に依頼したいと考えることが多いです。

 なので、提案するにあたって「相手がどのような目的で依頼をしているのか」を意識した上で提案文を作成すると良いでしょう。

-自分の経験でどのように貢献できるかを示す
 提案文を作成する場合、「貢献できること」を提示する人は多いですが、「具体的な根拠」がなく判断に困る場合もあります。

 なので、提案文を作成する時には読み手の立場に立って、主張には根拠を示すことを忘れないようにしましょう。

▼案件を探す際の注意点


前項では、営業活動の際のポイントについて解説しましたが、案件を探したり、案件を獲得した後にもいくつか注意した方がいい点があります。

本項では、案件を探す際の3つの注意点について解説していくので参考にしてみてください。

 ◇単価が高い案件が良い案件というわけではない
 ◇納期や金額などの情報は都度確認をとること
 ◇業務内容が変わる場合は、必要に応じて交渉すること

◇単価が高い案件が良い案件というわけではない


案件の中には提示されている単価だけをみると、好条件に思うような案件も存在します。

しかし、実際に内容を見ていくと業務量が多かったり業務範囲が広すぎたりして、内容に単価が合っていないというケースもあるため、単価だけではなく内容もしっかりと吟味するようにしましょう。

◇納期や金額などの情報は都度確認をとること


クライアントとのトラブルの原因になり得る要素としてよくあるのが、納期や金額の認識の相違です。

そのため、「納期は日付と時間まで明確にする」「金額は源泉徴収や手数料なども考慮した上で判断する」ことを意識するようにしましょう。

◇業務内容が変わる場合は、必要に応じて交渉すること


 案件を継続して受ける場合、途中で業務範囲が変更になることもありますが、業務量が増える場合には報酬の金額も明確に確認するようにしましょう。

 また、想定していた業務内容に追加で依頼される場合にも業務範囲が変わるのであれば、適時相談してお互いな納得できる状況で契約を行うとトラブル防止につながります。 

▼案件を探すならフリーランスエージェントもオススメ!


クラウドソーシングサービスを活用していく中で、「もっと稼ぎたい!」「安定した案件が欲しい」と考えている人もいるのではないでしょうか?

そのような人にオススメしたいのが、「フリーランスエージェント」の活用です。

フリーランスエージェント取り扱っている案件の多くは、中長期での契約を前提とした業務委託契約の案件のため、3ヶ月単位のような形の案件を獲得することができます。

また、フリーランスエージェントでは、エージェントがランサーの代わりに案件のマッチングを行ってくれるため、案件を効率的に見つけることにつながるでしょう。

フリーランスエージェントには、さまざまなサービスがありますが今回紹介するのは、「Lancers Agent」と「PROsheet」のサービスです。

《Lancers Agent》
Lancers Agentは、クラウドソーシングサービス『ランサーズ』を運営している「ランサーズ株式会社」のサービスです。

エンジニア・Webデザイナー・Webディレクター・Webマーケター・PMをはじめとしたITフリーランス向けのエージェントで、週3日〜5日の業務委託案件、企業先に受注する案件や一部リモートで対応できる案件も取り扱っています。

案件の中には、月額60万円〜80万円のような案件も取り扱っているため、エージェントを活用する場合には登録してみると良いでしょう。

◇Lancers Agent:https://lancersagent.com/

《PROsheet》
PROsheetは、Lacers Agentと同じようにエンジニア・Webデザイナー・Webディレクター・Webマーケター・PMをはじめとしたITフリーランス向けのエージェントサービスです。

PROsheetでは、週2日〜の業務委託案件の取り扱いもあるため、複数の案件を掛け持ちしたい方にもオススメでしょう。

また、仲介手数料を月収の20%前後で設定しているエージェントが多い中、PROsheetでの仲介手数料も8万円〜12万円/月の月額固定のため、報酬が高いほど手数料がやすくなるのも特徴です。

なので、できる限り仲介手数料を抑えて単価を上げていきたいという方はPROsheetを活用してみてください。

◇PROsheet:https://prosheet.jp/

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

フリーランス専門のエージェントPROsheetの活用 IT系の職種としてフリーランスになる人は、PROsheetなどの専門のエージェントを活用することで、フリーランスとしてのスタートアップをサポートしてもらうことができます。実際に案件の獲得方法やご稼働後のサポートを受けることができます。特にIT系の職種の案件が多くなっており、活用することで得られるメリットはたくさんあるので、まずは下記URLから登録面談にてお気軽にご相談ください。 PROsheetの会員登録ページへ飛びます

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
ランサーズ上での案件の種類や仕事の探し方について詳しく紹介:r000021003637 | PARAFT [パラフト]

CAREER CHANGE

ランサーズで案件を探すには

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]