ロゴ | PARAFT [パラフト]
clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

ランサーズとはの記事

クラウドソーシングサービスとは?サービスの特徴を紹介!:r000021003638 | PARAFT [パラフト]

2021.05.07

ランサーズとはの記事2021.05.07

クラウドソーシングとは?

クラウドソーシングサービスとは?サービスの特徴を紹介!

keyword: ランサーズとは クラウドワークス 違い フリーランス クラウドソーシング

このエントリーをはてなブックマークに追加
フリーランスで働く人や副業で仕事を探す人材が増えている現代において、クラウドソーシングサービスは必要不可欠なサービスの一つとなっています。 しかし、需要の増加に伴いクラウドソーシングサービスの数も増えてきた反面、どのサービスを利用すればいいのか迷ってしまうこともあるでしょう。 そこで、本記事ではクラウドソーシングサービスの特徴やサービス一覧、案件を探す際のポイントなどについて詳しく解説していきます。

2021.05.07 文章 / PARAFT編集部

実際に案件はとれる?クラウドソーシングサービスとは?

クラウドソーシングサービスは、フリーランスで働く人材や副業・兼業で案件を探す神z内が増えてきた現代において、必要不可欠なサービスの一つになっています。

では、「クラウドソーシングサービス」とは具体的にどのようなものなのでしょうか。

本項では、クラウドソーシングサービスについて詳しく紹介していきます。

【本項の内容】


▼クラウドソーシングサービスの特徴


クラウドソーシングサービスは、主にオンライン上で仕事の受発注を行うことができるサービスのことを指します。

サービスに登録した「仕事を探している人」と「仕事を依頼したい人」をマッチングしてインターネット上で依頼の発注から契約・支払いまで完結できるようになっているのも特徴です。

オンラインで完結することで、場所にとらわれずに仕事を探すことができるため、年々利用者数が増えており、フリーランスや副業人材なども増えていることから必要不可欠なサービスの一つとして認識されています。

▼クラウドソーシングサービスの案件の種類


クラウドソーシングサービスは、大きく分けると以下の2種類のサービスに分かれます。

 ◇総合型クラウドソーシングサービス
 ◇特化型クラウドソーシングサービス

◇総合型クラウドソーシングサービス


エンジニア・デザイナー・ライター・クリエイターなどをはじめとした幅広い職種の案件を取り扱っているクラウドソーシングサービスです。

タスク形式・コンペ形式・プロジェクト形式などさまざまな形式の案件を取り扱っており、難易度も未経験者からベテランまで幅広い人材をターゲットとしています。

◇特化型クラウドソーシングサービス


システム開発・Webライティング・動画編集など、特定の分野に特化した案件を中心に取り扱っているクラウドソーシングサービスになります。

総合型と異なり、職種の幅が狭い反面、職種が定まっていれば案件が探しやすいため、総合型クラウドソーシングサービスで案件が見つからない場合に利用されることが多いです。

▼クラウドソーシングサービスを利用するメリット


クラウドソーシングサービスを利用するメリットには以下のようなものがあります。

 ◇未経験からでも始めることができる
 ◇自身のスキルや働き方に合わせて仕事ができる
 ◇未払いなどのトラブルの回避がしやすい

◇未経験からでも始めることができる


総合型のクラウドソーシングサービスや特定の職種の特化型のサービスの場合、未経験からでも案件の獲得することができる場合があります。

特に、Webライティングや事務作業などの案件の場合には、未経験からの対応が可能な案件も多いため、駆け出しのフリーランスや副業未経験者でも気軽に始めることができるのもメリットとして挙げられるでしょう。

◇自身のスキルや働き方に合わせて仕事ができる


クラウドソーシングサービスの大きな特徴として挙げられるのが、自分の希望に沿った案件や働き方を選ぶことができるという点です。

企業先常駐の案件も中にはありまが、クラウドソーシングサービスで取り扱っている案件の多くは、場所にとらわれずに自身で応募するか選ぶことができます。

なので、自由度が高く、実績を積み重ねることで安定して案件の獲得ができるのは、大きなメリットといえるでしょう。

◇未払いなどのトラブルの回避がしやすい


クライアントと直接契約をしている場合、場合によって報酬の未払いなどのトラブルが起きた時に泣き寝入りしてしまう人もいます。

しかし、クラウドソーシングサービスでは、アカウントの本人確認や仮払いシステムを導入していることも多いため、万が一トラブルになったとしてもリスクを回避することができるでしょう。

▼クラウドソーシングサービスを利用するデメリット


クラウドソーシングサービスを利用するメリットは多いですが、その反面デメリットもあります。

クラウドソーシングサービスを利用するデメリットには以下のようなものが挙げられるでしょう。

 ◇高単価の案件には専門知識や実績が必要
 ◇低単価の案件も多く稼げない可能性も
 ◇コミュニケーションミスが起こりやすい

◇高単価の案件には専門知識や実績が必要


クラウドソーシングサービスの案件には、高単価の案件も存在しますが、その多くが専門知識や実績があるかどうかで判断されることが多いです。

そのため、未経験で案件を獲得できたとしても単価を上げるためには専門知識があるかどうかの壁があることが多く、単価アップが難しいこともあるでしょう。

なので、将来的に単価アップ目指したい場合には、自分の得意分野を見つけて実績を積み重ねていく必要があります。

◇低単価の案件も多く稼げない可能性も


クラウドソーシングサービスでは、さまざまな案件を取り扱っていますが、クライアントが個人になることもあるため、予算がなく単価が低い案件や意図的に単価を低く設定している案件も存在します。

明らかに単価の低い案件を受けてしまうと、システム手数料などもかかってしまう場合には、全然稼ぐことができずに挫折してしまう人もいるのが現状です。

そのため、未経験だったとしても極端に単価の低い案件は受けないようにして、自分の中で業務内容に対する単価を設定しておくようにしましょう。

◇コミュニケーションミスが起こりやすい


クラウドソーシングサービスは、オンライン上でやりとりが完結するため便利ですが、やりとりが文章のみで完結してしまうことも多いです。

そのため、コミュニケーションにおけるミスが起きやすく、場合によってはトラブルに発展してしまうこともあります。

なので、クラウドソーシングサービスを利用する際には、文章でのコミュニケーションは最新の注意を払って、誤解のないようにしっかりとコミュニケーションを取るようにしましょう。

どのサービスを登録すべき?クラウドソーシングサービス一覧をご紹介

ここまでクラウドソーシングサービスの特徴やメリット・デメリットについて解説してきました。

では、具体的にクラウドソーシングサービスにはどのようなものがあるのでしょうか?

本項では、クラウドソーシングサービスの中から8つのサービスを紹介していきます。

【本項の内容】


▼ランサーズ


ランサーズは、クラウドソーシングサービスの中でも日本最大級のオープンタレントプラットフォームになります。

案件数は170万件(2021年4月現在)以上を誇り、エンジニア・デザイナー・ライターをはじめとしてさまざまな職種の案件を持っている『総合型』のクラウドソーシングサービスです。

ランサーズでは、未経験からベテランまで幅広い層の人が利用しており、特定の条件を満たすことで「認定ランサー」としてさまざまな特典を受けることができるようになります。

クラウドソーシングサービスの中でも、案件を探す際には登録しておくべきサービスの一つでしょう。

◇公式サイト:https://www.lancers.jp/

▼クラウドワークス


クラウドワーウスは、ランサーズと同じ『総合型』のクラウドソーシングサービスで、案件のカテゴリが17種類で案件数も36万件以上(2021年4月現在)を保有しています。

クラウドワークスでも、特定の条件を満たした人材に対して「プロクラウドワーカー」の認定を行っており、認定されることでさまざまなメリットがあるため、登録したらまず「プロクラウドワーカー」を目指してみるのも良いでしょう。

クラウドワークスもランサーズと同様に、クラウドソーシングサービスを利用するなら登録しておいて損のないサービスの一つなので、案件を探す場合には登録しておくのをオススメします。

◇公式サイト:https://crowdworks.jp/

▼ジョブハブ


ジョブハブは、人材派遣会社のパソナグループが運営する『総合型』のクラウドソーシングサービスです。

案件は、エキスパートタイプとコンペタイプで分かれており、エンジニアやデザイナー・ライター・事務・翻訳・営業などの職種の案件を取り扱っています。

また、ジョブハブでは、システム手数料がクライアント負担で0円になるため、他のサービスに比べて報酬を上げることにつながるのが特徴でしょう。

◇公式サイト:https://jobhub.jp/

▼Bizseek


Bizseekは、株式会社アイランドが運営する、『総合型』のクラウドソーシングサービスです。

案件カテゴリは、「システム・アプリ開発」「Webデザイン」「グラフィクデザイン」「ライティング」「軽作業」「ビジネス・その他」の6つのカテゴリに分かれてます。

また、Bizseekの手数料は、5%〜10%と業界でも低い部類に入るため、手数料が少ない方が良いという場合にオススメのサービスでしょう。

◇公式サイト:https://www.bizseek.jp/

▼ザグーワークス


ザグーワークスは、ライティングの案件を中心に取り扱っている『ライティング特化型』のクラウドソーシングサービスです。

ザグーワークスでは、案件の報酬の代わりに独自のポイントシステムが導入されており、ポイントを現金か.money(ドットマネー)のポイントに交換することができるようになっています。

また、グレード・ランク制度もあり、「レギュラー」「ゴールド」「プラチナ」のグレードごとで条件が設定されており、「ゴールド」以上になると特典が付与されるのも特徴です。

ライティング特化のクラウドソーシングサービスとして、ランサーズやクラウドワークスで案件が見つからない場合に登録してみるのも良いでしょう。

◇公式サイト:https://works.sagooo.com/

▼VideoWorks


VideoWorksは、動画制作・編集案件を中心に取り扱っている『動画制作特化型』のクラウドソーシングサービスです。

現代では、動画編集の需要が高まってきている中で、動画編集の案件はランサーズやクラウドワークス以外にクラウドソーシングサービスで取り扱っていることが少ないため、動画編集者にとっては貴重なサービスとなります。

また、システム手数料は20%ですが、ランサーズやクラウドワークスに比べても大きな差はないので、興味がある人は登録してみるのも良いでしょう。

◇公式サイト:https://videoworks.com/for-creator/

▼ココナラ


ココナラは、自身の知識やスキルなどを売り買いできるスキルマーケットサービスになります。

出品カテゴリは20種類以上あり、エンジニアやライティング、デザインをはじめとして、キャリア相談やカウンセリングまで出店することが可能です。

ココナラのように自身のスキルに値段をつけて販売する形のサービスは自由度が高く、職種の幅も広いため、興味のある人は登録してみてるのも良い特徴でしょう。

◇公式サイト:https://coconala.com/

▼タイムチケット


タイムチケットは、個人の時間を30分単位で売買できるタイムシェアサービスです。

ココナラと似たような形で、自身の知識やスキルを販売する形ですが、販売価格は比較的タイムチケットの方が高い傾向にあります。

カテゴリも20種類以上あるため、フリーランスで働いていてスキルを磨きたい人や副業として働きたい人にもオススメのサービスです。

◇公式サイト:https://www.timeticket.jp/

クラウドソーシングサービスで案件を探すには 大事にしたいポイントをご紹介

クラウドソーシングサービスを活用することで、案件を効率的に探すことができますが、使い方次第では案件の獲得が思うようにいかないこともあります。

そこで、本項ではクラウドソーシングで案件を探す際のポイントやサービスを利用する際の注意点について紹介していきましょう。

【本項の内容】


案件の探し方や注意点を意識するだけで、案件の獲得やトラブルの回避につながるので、参考にしてみてください。

▼クラウドソーシングサービスで案件を探すポイント


クラウドソーシングサービスを活用して自分に合ったサービスや案件を探すためには、以下のポイントを意識すると良いでしょう。

 ◇サービスの特徴と案件のカテゴリ
 ◇システム手数料の割合
 ◇案件相場と掲載案件の内容

◇サービスの特徴と案件のカテゴリ


クラウドソーシングサービスを選択する際の基準として挙げられるのが、「サービスの特徴」と「案件のカテゴリ」になります。

クラウドソーシングサービスを活用するのであればランサーズとクラウドワークスに登録をすることも多いですが、その他にもサービスに登録するのであれば、サービスの特徴や案件のカテゴリを参考にするのが良いでしょう。

前項で紹介したサービスでも、「ジョブハブ」「ザグーワークス」「ココナラ」の3つのサービスでは。それぞれ取り扱っている案件や特徴が異なります。

なので、それぞれのサービスの特徴を把握した上で自分に合ったサービスを選ぶようにしましょう。

◇システム手数料の割合


クラウドソーシングサービスを選ぶ際のもう一つの基準となるのが、「システム手数料の割合」です。

システム手数料はランサーズやクラウドワークスで最大20%程度ですが、システム手数料が高いほど、支払われた報酬の手取りが減ってしまいます。

システム手数料が高いサービスで低単価の案件ばかり受けてしまうと、手取り金額がほとんど残らずに稼げない場合もあるため、案件を選ぶ際にはシステム手数料も見込んだ上で判断するようにしましょう。

◇案件相場と掲載案件の内容


実際にクラウドソーシングサービスを利用して案件を探す際には、「案件の相場」と「掲載内容」をしっかり確認することが大切です。

案件相場が他のサービスよりも低い場合や、掲載されている案件に低単価の案件が多い場合は、案件を獲得しても稼ぐことが難しくなる可能性があります。

なので、まずは自身の希望の単価を明確にした上でサービスの相場と比較して、納得できる案件を選ぶようにしましょう。

▼クラウドソーシングサービスを利用する時の注意点


クラウドソーシングサービスを利用する場合、以下の点に注意しておくことで案件獲得の確率の向上やトラブルの回避につながります。

 ◇マイページ情報や提案文は工夫すること
 ◇高単価の案件が良質な案件とは限らない
 ◇業務内容や納期などの条件は明確にしておくこと

◇マイページ情報や提案文は工夫すること


クラウドソーシングサービスを上手く活用していくためには、マイページの情報や提案文を工夫していく必要があります。

マイページでは、プロフィール画像は第一印象を意識して選んだり、自己紹介では要点まとめて得意分野などをキーワードを入れるようにしたりすることでクライアントからのスカウト率を上げることが可能です。

また、提案文を作成する際には、クライアントの目的やニーズを汲み取って、自分の経験や実績を根拠にして、どのように貢献することができるのかを明記することで、先行の通過率を上げることにつながるでしょう。

◇高単価の案件が良質な案件とは限らない


案件の中には、高単価の案件も探すことができますが、高単価の案件が必ずしも良質な案件とは限りません。

一見、報酬が高いように見える案件の中には、業務範囲が広く作業量と報酬に見合わない案件も存在します。

そのため、案件を選ぶ際には、しっかりと案件の内容を事前に確認して適正な価格かどうかを判断した上で応募するようにしましょう。

◇業務内容や納期などの条件は明確にしておくこと


案件の対応をしている中で、業務内容の変更があった場合には、具体的な条件を確認しないと、場合によってはトラブルに発展してしまう可能性があるので注意が必要です。

そのため、「納期は日時だけではなく時間の認識確認する」「業務内容の変更がある場合には報酬に変動があるかの確認をする」ことを意識しておくと良いでしょう。

また、報酬の金額の中に源泉徴収やシステム手数料は含まれるのかも事前に確認しておくことで、認識の総意によるトラブルを防ぐことにつながります。

▼仕事を探すならフリーランスエージェントもオススメ!


ここまで、クラウドソーシングサービスについて紹介してきましたが、サービスを活用していく中で、「もっと稼ぎたい!」「安定した案件が欲しい」と考えている人もいるのではないでしょうか?

そのような人にオススメしたいのが、「フリーランスエージェント」の活用です。

フリーランスエージェント取り扱っている案件の多くは、中長期での契約を前提とした業務委託契約の案件のため、3ヶ月単位のような形の案件を獲得することができます。

また、フリーランスエージェントでは、エージェントがワーカーの代わりに案件のマッチングを行ってくれるため、案件を効率的に見つけることにつながるでしょう。

フリーランスエージェントには、さまざまなサービスがありますが今回紹介するのは、「Lancers Agent」と「PROsheet」のサービスです。

《Lancers Agent》
Lancers Agentは、クラウドソーシングサービス『ランサーズ』を運営している「ランサーズ株式会社」のサービスです。

エンジニア・Webデザイナー・Webディレクター・Webマーケター・PMをはじめとしたITフリーランス向けのエージェントで、週3日〜5日の業務委託案件、企業先に受注する案件や一部リモートで対応できる案件も取り扱っています。

案件の中には、月額60万円〜80万円のような案件も取り扱っているため、エージェントを活用する場合には登録してみると良いでしょう。

◇Lancers Agent:https://lancersagent.com/

《PROsheet》
PROsheetは、Lacers Agentと同じようにエンジニア・Webデザイナー・Webディレクター・Webマーケター・PMをはじめとしたITフリーランス向けのエージェントサービスです。

PROsheetでは、週2日〜の業務委託案件の取り扱いもあるため、複数の案件を掛け持ちしたい方にもオススメでしょう。

また、仲介手数料を月収の20%前後で設定しているエージェントが多い中、PROsheetでの仲介手数料も8万円〜12万円/月の月額固定のため、報酬が高いほど手数料がやすくなるのも特徴です。

なので、できる限り仲介手数料を抑えて単価を上げていきたいという方はPROsheetを活用してみてください。

◇PROsheet:https://prosheet.jp/

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

フリーランス専門のエージェントPROsheetの活用 IT系の職種としてフリーランスになる人は、PROsheetなどの専門のエージェントを活用することで、フリーランスとしてのスタートアップをサポートしてもらうことができます。実際に案件の獲得方法やご稼働後のサポートを受けることができます。特にIT系の職種の案件が多くなっており、活用することで得られるメリットはたくさんあるので、まずは下記URLから登録面談にてお気軽にご相談ください。 PROsheetの会員登録ページへ飛びます

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
クラウドソーシングサービスとは?サービスの特徴を紹介!:r000021003638 | PARAFT [パラフト]

CAREER CHANGE

クラウドソーシングとは?

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]