clear
  1. 転職・応募に役立つ情報をいち早くゲットできる!
  2. 気になる企業に直接エントリーができるようになる!
  3. 履歴書・職務経歴書がカンタンに作成できる!

clear

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. ご入力いただいたメールアドレスが既にご登録いただいている
clear

clear

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

02.14

sat
WORK & LOCATION

出典

リモートワークの記事

2015.02.14

リモートワークの記事2015.02.14

主体性重視の社内ハッカソン

プロフェッショナルが集まり「チーム」で挑む、レイ・フロンティアのものづくりとは?

keyword: リモートワーク コミュニケーション 企業 パラレルキャリア 尊重

このエントリーをはてなブックマークに追加
「SilentLog」はiPhoneを持ち歩くだけで自動的に経路や歩数などを記録できるライフログアプリです。開発するレイ・フロンティアのエンジニアはどんな働き方をしているのか、CTO 大柿徹さん、CCO 澤田典宏さん、CEO 田村建士さんに伺いました。

2015.02.14文章 / やつづかえり

今回募集するエンジニアは、どのような仕事をすることになるのでしょう?


BtoC向けの自社サービスをやっていこうということで、2014年10月にiPhone向けライフログアプリ「SilentLog」のをリリースしました。採用するエンジニアには、「SilentLog」のアプリ開発、またはこれからリリース予定の新規のアプリ開発に携わってもらう予定です。

レイ・フロンティア株式会社

御社が導入するパラフトスタイルを教えてください。


一部リモート勤務が可能です。月曜日の朝礼や必要な報告のときは来社してもらい、それ以外はリモートでも会社でも本人のスタイルに合わせたいと考えています。満員電車での通勤に時間をかけたり、そこで疲弊するくらいならプロダクトの開発に集中してほしいです。また仕事以外のインプットも重要と考えているので、勉強会に出るといった目的での時差出勤も認めています。

レイ・フロンティア株式会社

澤田さんもリモートで仕事しているそうですね?


必要に応じて変わりますが、会社に来るのは週2,3回です。リモートでもSlackなどで常につながっていて、チャットでのツッコミはすごく速いです(笑)。リモートの場合、オンラインでのレスポンスが悪いとお互い不安になって意思疎通に影響するので、そこは重要ですね。

レイ・フロンティア株式会社

入社後、パラフトスタイルに至るまでのステップは?


最初は徐々にというところもあるかもしれないですが、ご自身の都合などもあれば考慮します。できる限りご自身の力が最大限に発揮する環境を尊重します。色々な働き方がありえるので、話し合いながらベストなやり方を見つけていければと考えています。

レイ・フロンティア株式会社

どんな人に来て欲しいですか?


技術ももちろん大事ですが、「自ら考えるエンジニア」を求めています。ビジョンや方向ははっきり示しますが、それを達成するための手段など解決方法は自分で考えて説明してほしいと思います。社内でも組織として考える力を高めるために、毎月月末2日間(平日)にわたりハッカソンを行い、エンジニアが主体的に動くスキルを高めています。

レイ・フロンティア株式会社

企業と個人の関係はこれからどうなっていくと思いますか?


大柿 :プログラミングに関して言えば、今は高校でも教えていてネットにも情報がありふれている。自分がやり始めた20代の頃とは全然違います。企業は年齢も場所も関係なくスキルを持った人を選べる状況で、個人はどう自分を磨くかが課題ですね。

澤田 :即戦力を求めるようになって、企業は昔ほど人を育てなくなっています。例えば、起業したい人でもまずは会社に入って足りていないスキルを身につけるとか、個人が自分でキャリアや生き方を考えていく必要があります。

田村 :ふたつの会社で働くとか、起業と会社員のかけもちとか、個人と組織のファジーな関係が増えていくのではないでしょうか。技術によって生産性を高めることで空いた時間の使い方の自由度が広がることが、働き方が変わる理由になると思います。

あなたが考える未来の『あたらしい働き方』は?


田村 :個人の力での差別化には限界があると思います。チームへ所属する揺り戻しが起きるんじゃないかと。強いチームに属していることがさらに自分の価値を高め、さらに自由な働き方を得るのかもしれません。トップダウン型の組織ではなく、『オーシャンズ11』のような荒くれ者のようなプロフェッショナルが集まった組織の一員であることも、個々のバリューになってくるのかもしれません(笑)。

WRITER

ライター

やつづかえり

成果主義だけれども、そのために根を詰めて働くのではなく、仕事以外のインプットに時間を使うなど、できるエンジニアの働き方をすごく意識しているな、と感じました。ハッカソンもその一貫で、みんなのアイデアを活性化させ、チームワークを高める良い方法ですね。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。

“WORK & LOCATION”

主体性重視の社内ハッカソン

RELATED POST